2012年07月20日

投げたゴミを探知し、拾ってくれる未来のゴミ箱が登場

普段、机の上は綺麗な方ですか?私はだらしない性格なので、ついつい机の上にゴミをためてしまいます。

虫は嫌いなので、生ゴミをためることはしませんが、机の周りには落書きしたメモや、買い物の時に貰ったレシートなどが散乱しています。

たまに少し離れた距離にあるゴミ箱へ丸めて投げるのですが、うまく入ることはあまりありません。

机の上を綺麗にしたいけれど、いちいち掃除をするのはメンドクサイ。もう2012年なのに人類はゴミの問題でいつまで苦悩しつけるのか、と思っていたら、すごいゴミ箱を作った人を発見しました。

センサーで自らゴミを探知し、キャッチしてくれる未来のゴミ箱

このゴミ箱こそが私が求めていた、未来のゴミ箱かもしれません。部屋にキネクトのセンサーを搭載し、ゴミを探知、それに合わせてゴミ箱がすごい勢いでうまくキャッチしてくれます。

是非とも実用化してもらいたいですね。1万円以下なら買いたいです。

posted by スパイダー at 04:13 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年01月14日

近未来のバイク『C-1』が2013年に発売

2013年に『c-1』と呼ばれる未来のバイクが発売を予定しているそうです。

C 1.png

こちらのバイクの特徴ですが、写真の通りバイクなのに全体が覆われる形になっています。バイクというより車といった方が正しいかもしれませんね。といってもタイヤは前後1輪ずつの2輪。ようするにこれまでの概念を打ち破る商品となっております。

C-1の内装はどうなっているのか



C-1 2.png

内装イメージ写真があるのですが、二人乗りも出来るみたいですね。二人乗りの仕方がなんだかバイクっぽい感じになっています。

c-1の値段はどの位なのか



こういった近未来な商品は1億円ぐらいしたり、手が届かないケースが多い訳ですが、『c-1』の値段は180万円ほどで売り出せるそうです。

さらに2014年に量産化の予定があり、120万前後に値段を下げることも可能なようです。

C-1は省エネ電動バイク



また、C-1は省エネ電動バイクとして作られています。どの位省エネなのかというと1回の充電で300キロ近くの走行が可能、そして最高速度も193キロと問題ない感じになっています。

c-1に対する疑問



普通のバイクは停止中、足で支えて車体を安定させますが、C-1では足を外に出せない。じゃあどうやって停止中や危険時、バイクを安定させるのかというと電子制御ジャイロ安定化システムによって支えます。

このシステムの安定性はすばらしく、万が一事故を起こしても滅多に転倒しないそうです。

もしかするとC-1が大きく車道を変えるかも



c-13.png

値段の方も絶対に手を出せないほど高くはないし、夏場や冬場はエアコンによって快適に過ごせる。そして車のように置き場にも困らないし、安全性や省エネ率も良い。

もしかすると近い将来、c-1のようなバイクだらけになるかもしれませんね。
posted by スパイダー at 19:44 | Comment(1) | 特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
AppBank Store
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。